メディカルグレードのアロマオイル〜7/3アロマと新月直前ワークショップ〜

メディカルグレードのアロマオイル〜7/3アロマと新月直前ワークショップ〜

Post to Google Buzz
Pocket

 

7月3日に行う「アロマと星の蜜会〜蟹座新月直前ワークショップ」

では参加者の方に、ご自身で選んだアロマオイルを使って、

オリジナルアストロアロマブレンドを作っていただくワークがあります。

 

スポンサーリンク

 

このワークでは

プラナロムと、フィトサンアロームというブランドのアロマオイルを使います。

(*正式にはエッセンシャルオイル、精油と表しますが、このブログでは分かりやすくするために一般的に呼ばれる「アロマオイル」とさせていただきます)

 

プラナロムはベルギーに本社を持つアロマオイルのトップブランドで、

日本でもアロマセラピスト御用達のオイルとして人気があります。

 

フィトサンアロームはフランスの製薬会社が製造、販売しているブランドで、

質の高いものとして定評がありこちらもトップブランドのひとつ。

 

両ブランドとも本国では薬局での取り扱いもされているようなメディカルグレードの質なので

安心して使うことができるアロマオイルです。

 

精油は日本では雑貨扱いとされるため、

薬局ではなくて普通に雑貨屋さんや、インテリアショップでも扱われていて、

質もピンからキリまであります。

私は上記の2社のアロマオイルを使ってみて、

「もう他のは使えない」と思ったくらいの質の違いを感じました。

 

実は私、昔から香りに敏感で人工的なものには特に拒否反応を起こすことがありました。

だから香水もブランドによっては絶対的にダメなものがあって、

3分前に通り過ぎた人がつけていた香水の残り香だけで気分が悪くなってしまうものもあったんです。

 

女性としては香水を嗜むのも楽しいのですが、

気にいった香りでもしばらくつけているとやはり違和感が出てくることもあって、

ここ数年香水はまったく使わなくなりました。

 

そして今はアロマオイルの自然な香りを知ったので

逆にこれなしには日常がありえないくらいになっています。

 

その中でも感じるのはアロマオイルの質。

プラナロムと、フィトサンアロームの2種を主に使っていると

少し安めの価格で販売されているアロマオイルだと結構な違和感を感じます。

ブランドによっても質や製法や販売ルートが違うのでお値段だけで決めるのは浅はかかもしれませんが、

 

たまにお店に置いてあるアロマオイルの香りを嗅ぐと残念ながら

「雑貨扱いだな〜」

と思ってしまうものもあったり・・・。

 

アロマオイルは主に芳香浴として使われる方も多いと思いますが、

希釈すれば肌に触れる化粧品やバスオイルとしても用いることができます。

そうなるとやはりオイルの「質」は考慮せざるを得ません。

もともと肌が敏感な方にはとくにこの質は大切なので、

私がワークショップで使うオイルもこのグレードのものとさせていただきます。

 

もちろん他にも素晴らしいブランドのアロマオイルがあるので今後もっと勉強するつもりです。

 

さてプラナロムフィトサンアロームですが、

日本ではネットや正規取扱店で手に入れることができます。

他にも「生活の木」や「ニールズヤード」などでも、

質の良いアロマオイルとしてデパートや正規取扱店にて手に入りやすいかもしれません。

 

アロマ生活を始める際にはぜひこのオイルの質も大切にしてみてくださいね。

プラナロム

フィトサンアローム

生活の木

ニールズヤード

 

【ワークショップ情報】

お気軽にご参加下さい!

2016年7月3日「アロマと月の蜜会〜蟹座の新月直前〜」申し込み受付中

 

「アロマと星の蜜会」by KAREN〜蟹座新月直前ワークショップ〜

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket