男性だけのコメディバレエ集団!トロカデロ・デ・モンテカルロを鑑賞してきました。 

男性だけのコメディバレエ集団!トロカデロ・デ・モンテカルロを鑑賞してきました。 

Post to Google Buzz
Pocket

IMG_6070

こんにちはカレンです。
みなさんはバレエを観に行ったことがありますか?

私は小学生の時に友人のバレエ発表会を観に行ったことがありますが、今回生まれて初めて本格的なバレエを観に行ってきました。
しかも男性だけのトロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団です。

スポンサーリンク

上野東京文化会館で二日間によって開催され、今後は全国公演が続きます。あのはるな愛ちゃんが応援サポーターとしてゲスト出演されるということで期待していました。

IMG_6073

このトロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団は男性のみで、なんと女装をしてバレエをするという変わったバレエ団なのです。
しかもちょっとコミカルな面白さを含んだエンターテイメントとして、世界中で大人気。
もとはニューヨークのオフブロードウェイからスタートしてなんと41周年になるそうです。
私もチケットを取ろうとした時点で、高い方のS席8500円はすでに完売、A席の6500円の方しか残っていなかったです。

IMG_6075

IMG_6076

当日は会場はすごい熱気。男性バレエということで逆宝塚のような感じ。熱狂的なファンの方が多く花束を抱えた女性たちがたくさんいました。
グッズ販売も熱が入っていて、公演後はサイン会もあるということでした。

 

席が・・・

IMG_6080

今回の席は4階のサイド側。恐ろしく絶壁の座席にプチ高所恐怖症の私は絶句。少し乗り出したら確実に転落してしまいそうな恐怖との戦いでした。

公演は2時間30分。途中途中で休憩が2回ほどはいり、演目は定番の白鳥の湖から始まり瀕死の白鳥など、細かいのも合わせて五つくらいありました。

初めてみるバレエ、しかも男性バレエ。
筋肉モリモリ、脇毛も見えちゃう不思議なプリマドンナたち。けれどもその指の先まで女性的な繊細な美しさを表現していて感動しました。
男性でもポワントといわれる爪先立ちをしていることに素人の私はびっくりしました。
頻繁にコミカルな演技も入って会場を沸かせます。バレエを観ているのか?コメディショーを観ているのか?不思議な感じでした。

 

愛ちゃん登場

正直、バレエを観るのが初めての私は戸惑い気味。笑っていいのか悪いのか?(いやいや、ここでは笑っていいんです)
そこでゲストのはるな愛ちゃんが登場!ミーハーな私は一気にテンションがあがりました。
一層懸命練習したと思われるポワントも見事に決めてもちろんあややのモノマネも織り込んで会場を沸かせました。
とくに愛ちゃんの大ファンだったわけではないのですが、愛ちゃんの人を楽しませたいというエンターテイメント精神ががっつり伝わり、この日一番の感動を覚えました。

 

まとめ

IMG_6078
この公演を観終わったあと、なぜか無性にナタリーポートマン主演の映画「ブラックスワン」を観たくなりました。コミカルなのもいいですが、こころが揺さぶられるようなバレエも見ていたいそんな気持ちです。
今回のおそらくバレエを頻繁に観ている人たちにはとっても楽しい公演なのです。でも私にはまだまだバレエの素晴らしさがわからなかったので、今度は別のバレエをみてみたいなと感じました。

 

 

トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団日本オフィシャルホームページ

7月4日神戸オリックス劇場 7月5日神奈川県民ホール 大ホール 7月10日府中の森芸術劇場 どりーむホール 7月11日Bunkamura オーチャードホール 以降も全国公演があります。

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket