【LCC搭乗記】初めての成田空港第三ターミナルからバニラエア!いろいろと驚きの連続でした

【LCC搭乗記】初めての成田空港第三ターミナルからバニラエア!いろいろと驚きの連続でした

Post to Google Buzz
Pocket

P1000542

成田空港でバニラエアを利用するのには第三ターミナルに行くことになります。

え?いつのまに第三ターミナルができてたの?

というくらいにまったくしらなかったのですが、
調べてみると電車で向かった場合は、第二ターミナルからバスか、
徒歩で向かうとなっていました。

 

スポンサーリンク

 

第三ターミナルに向かいます。

P1000544


当日は、まずお馴染みの成田空港第二ターミナル駅で降りて、
バス乗り場に向かいました。

シャトルバスで5分ほど、歩いて行くと600メートルで着くそうです。
シャトルバスは24番のバスと聞き乗り込むと、ものすごい混雑です。

バス自体がスーツケースを持ち込む用の作りになってないので、
海外に帰る旅行者の人たちのお土産というか、家電?などで
かなりカオスな状態になっていました。

 

ターミナルはすぐ隣ですが、バスは大回りするので時間もかかります。
もし急いでいるときは歩いて行った方が早いかもしれないですね。

 

バニラエアチェックイン!

やっと着きました!
なんとなくプレハブっぽさがあります。

そしてバニラエアのカウンターにチェックインです。
名前の逆入力も事前に訂正してあったのでスムーズに行きました。

ただし、ここでも初めての経験。

機内預けの荷物の中に持ち込み禁止のものが入っていたら呼び出しを
させるそうなので10分間はこのカウンターの近くにいてくださいとのこと。

これも初めてでしたが、LCCだからでしょうか?

う〜ん、初めてだらけでちょっとテンションが・・・。
でも目の前に本屋さんもありますので、そこで時間を潰すことができました。

 

P1000550 P1000548

バニラエアのオフィシャルグッズコーナー発見。
黄色でシンプルでお安いです。ボールペンは100円でした。
付箋やノートは普通にお土産にしても良い可愛さでした。

 

フードコートにはお好み焼き、長崎ちゃんぽん、寿司など、
海外の方が喜びそうなお店が並んでいました。

 

朝早めだったのでちょっとお腹が空いていたので、
唯一朝定食をやっているうどん屋さんの列に並ぶと恐ろしく要領が悪くて、
全然列が進みません。
あまりに遅いので結局別のお店に代えてしまいました。

 

お店はあるけど、なんだかちょっと物足りないです。
空港タイムを楽しみたい方は、第1、第2の航空会社を利用すべきです。

 

搭乗前からバニラさんに驚かされる

P1000554

P1000555

そしていよいよ出国審査を通り、搭乗口まで向かいます。

お楽しみの免税コーナーはブランドは一通り揃っていました。
やっぱりなんだか物足りない。
でもこの時は空いていたので免税店の人がが親切にいろいろと探してくれたり、
試供品をたっぷりくれたりして良かったです。

 

そんなことをしていたら成田空港タイムをあまり味わうことなく
あっという間に搭乗時間になっていて搭乗口に向かうと
すでに搭乗が始まっていました。

 

バニラさん厳しい!

バニラエアは機内持ち込みの荷物は1つと、
(小さめのポシェット系ならもう一つOK)までときっちり決まっています。
なので乗り込む時に免税品の袋を持っていた人が止められていてびっくり。

え〜、厳しすぎ。私も先ほど買った名税店の袋があったので
すぐに大きめのバッグにしまいました。

慣れている方には「当たり前だよ」と思われてしまうかもしれませんが、
登場前からバニラさんには驚かされてばかりです。
これから利用する方は事前に調べていくと驚きは少ないです。

というか私がちゃんと調べてないだけですね〜。

 

長くなったので機内の様子は次のエントリーで!

 

でももう要領はわかったので安い時にはまた利用しちゃうかも!
バニラエア 

 

LCCを使うならまずはこちらで勉強してから!

 

台南に行くならまずこれを読んでから!

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket