台南 日本統治時代に建てられた憧れの林百貨店は圧倒的な存在感だった【台湾観光】

台南 日本統治時代に建てられた憧れの林百貨店は圧倒的な存在感だった【台湾観光】

Post to Google Buzz
Pocket

 

 

IMG_7660

台南に来て一番行って見たかった場所それが「林百貨店」

今台南が注目されているのは、昔の建物を取り壊さず、リノベーションして新しい施設として次々と誕生させているからのようです。その中でも一番人気なのは日本統治時代に建てられたこの「林百貨店」なのです。

 

スポンサーリンク


ネットで見たときにその重厚な建物に近代建築好きの私の心をぐわ!とわしづかみされてしまいました。
昨年オープンしたばかりでちょうど1年ほどたちました。開店時は大行列ができていたそうですが、今回私が訪れた時は平日の夜だったので、まったく混雑はなく、観光客がまばらに各々の時間を楽しんでいる感じでゆっくり見ることができました。

くわしくはおなじみ台北ナビさん→こちら

レトロさにうっとり

IMG_7645

タクシーでここまで着くと、その存在感に圧倒されます。
リノベーション前は何に使われていたのでしょうか?

百貨店といっても今はお土産物や、台湾メイドの凝ったグッズが売られていたり、上階に行くと昭和レトロなおしゃれな雰囲気のカフェなどもありました。

 

スコールの洗礼

IMG_7636
着いた途端に雷ありのゲリラ豪雨のようなスコールに見舞われ南国に来たことを実感しました。
最上階には小さな雑貨ショップがありここには台南、林百貨店のオリジナルグッズもおいてあり、見応えがあります。

ここでしばらく雨宿り。最上階はこの建物の集大成といって良いくらい何もないのに、歴史を感じさせてくれる場所でした。大雨に霞む台南の街並みをここから眺めることができてこれはこれで味があってよかったです。

 

 

台湾と日本の融合

IMG_7635
人気はレトロ雰囲気炸裂のエレベーターや階段。人が少ないのが幸いで、写真をとったり、エレベーターに何回か乗れたり林百貨店を満喫できました。

IMG_7642

売られているグッズは、素材やデザインにも凝ったものが多かったです。林印が入ったお土産がセンスも良くてステキでした。

素敵な建物内はこんな感じでした

IMG_7633

IMG_7631

IMG_7639

IMG_7656

IMG_7650

IMG_7652

IMG_7654

 

まとめ

IMG_7661
念願の林百貨店に初めて訪れることができました。

台南には日本統治時代の趣のある建物が残っていると聞いたことがありますが、こんなに素晴らしい建物を取り壊さずにリノベーションして活かしてくれた台南に感謝です。

台南に行った際には必ず行くべき場所だと思いました。

 

【お店情報】

林百貨店
くわしくは日本語で台北ナビさんのサイトを御覧ください
台南市中西区忠義路2段63号

こちらも更新中 ⇩⇩
「1年で365本のフランスパンを食べるブログ baguette365」
32本目 台南の人気パン屋さんのバゲットin高雄

 

関連記事はこちら⇩

台湾のwifiについてその1
台湾のwifiについてその2
高雄駅から台南駅までの行き方

台湾に行くならまずこれを読んでからどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket