新宿クレッソニエール 並ぶ価値あり!人気ビストロの1000円ランチ

新宿クレッソニエール 並ぶ価値あり!人気ビストロの1000円ランチ

Post to Google Buzz
Pocket

 

最近はまっているフレンチビストロランチ。

新宿3丁目にある「クレッソニエール」さんへ行ってきました。

事前情報だと、いつも行列ができているとのこと。

行列に並ぶのが苦手な私ですが、

ここは並ぶ価値がある!と思えた素敵なレストランでした。

 

スポンサーリンク

 

img_9298

場所は新宿伊勢丹デパートの向かい、

京王フレンテビルの中の地下にあります。

訪れたのは平日の14時前くらい。

少し遅ランチです。

img_9300

ビルの地下にあるとは思えない、1軒屋風の入り口が可愛い。

img_9299

嬉しいことにランチタイムが16時まで!

遅ランチ派の人にも優しいです。

そのためか、

14時近くにもかかわらずお店の前に着くと6名ほど並んでいまいした。

小さな丸椅子が用意されていたので、最後尾に並びました。

待つこと10分くらい。

入り口からギャルソンが出てきて順番に案内され、私で一旦ストップ。

一気に先頭になり、そこでまた5分ほど待ちいよいよ入店です。

img_9302

店内に入ると少し空席があったのと、

外で待っている時も一組でたら一組入店するという仕組みではなく、

席の準備ができたらまとめて入店する感じでした。

それも料理の提供が適度に行き渡るように配分されての入店方法なのかなと思って納得。

席に着いたのに、厨房が回らなくて全然料理が来ないとかより、店も客も気分良い配慮ですよね。

img_9301

メインメニューは日替わり。

なんと毎日違うそう。

この日は月曜日だったので豚肩ロースのソテーでした。

img_9303

注文後、約5〜6分ほどで運ばれてきました。

嬉しい早さ!

 

そして、プレートランチといえども、このゴージャス感。

1品1品出てきたらコースとして成り立ちますが、

カジュアルにしてくれてるのが逆にランチタイムとしてはありがたい。

写真は撮れませんでしたが、

運ばれてきたときにメインプレートには蓋がかぶせてあり、

ギャルソンがその場でパカ!と蓋を開けてくれて、料理の説明をしてくれるのも嬉しいです。

img_9305

かぼちゃのポタージュ

まろやかで素材の味もしっかりと感じられて美味しい。

img_9304

メインの豚肩ロースソテー

ちょっと固めでしたが、私は柔らかいのよりもお肉の弾力あって、

歯ごたえが感じられるのが好きなので良かったです。

プラムのソースがちょっぴり酸味がある甘さでお肉と味を引き立てていました。

img_9306

デザートもついてきちゃいます。

これが絶妙に美味しい〜。カラメルとバニラの風味が優しい。フレンチだけど甘すぎないのが逆に本場の味ですね。

食後はコーヒーもサーブしに来てくれます。

そのサーブの仕方も、客がギャルソンが持ってきたお皿の上にカップを置いてそこに注いでくれるという。

これがさりげないのがいいんですよね。

1つ1つが他のお店ではなかなか味わえない小気味いいサービスで、

「やる〜」と心の中で拍手してました。

 

【karen’s point】

びっくりなのがこれで1000円(1080円)ランチということ。

これは並んでも価値のあるお店です。

私の数少ない経験の中の、個人的な感想ですが、

東京のフレンチビストロランチのコスパは本場フランスを確実に上回っていると思います。

その中でもこちらは大変コスパの良い素敵なお店でした。

これならパリに行かなくても東京で十分パリ気分が味わえちゃいますね。

 

【お店情報】

クレッソニエール
東京都新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿三丁目 B1F
03-3350-4053

 

【karen’s 東京ビストロマップ】

東銀座 パリのワイン食堂 気分はパリジェンヌ!フレンチビストロのお得ランチ

銀座アロッサ リピ決定!ニュージーランド料理のボリューム満点ランチ

東銀座ヴィヴィエンヌ パリの隠れ家的ビストロのコスパ最高ランチ!

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket