新橋 台湾麺線 なにこの2トップ!麺線&魯肉飯セットが完璧すぎ!

新橋 台湾麺線 なにこの2トップ!麺線&魯肉飯セットが完璧すぎ!

Post to Google Buzz
Pocket

こんにちはカレンです。東京新橋で本格的な台湾麺線が食べられるってご存知ですか?

そもそも台湾麺線ってなに?って方はこちら↓

麺線とは、ソーメンを蒸した細い麺を温かいとろみがあるダシが効いたスープで煮込んだものです。台湾にはたくさんの麺線を販売する店舗があり、台北や高雄など場所によって味付けも異なり、南に行くにつれ甘みが増す傾向にあります。具材としては、大腸入りや、牡蠣入り等があり、上には薬味として香菜(パクチー、コリアンダーとも呼ばれる)を乗せる場合もあります。(台湾麺線HPより)

日本でいうと、濃いめカツオ出汁のにゅうめんにホルモンが入っている(私の感覚)。と言った感じです。前日にお酒を飲んだため、この台湾麺線の優しい出汁に会いたいと新橋まで行ってきました。

《新橋駅から徒歩10分弱》

IMG_2780

ビル街にひっそりとありました。新橋駅から結構歩いたのでこの赤い看板を見たときには安堵感。IMG_2781

テレビで紹介されたそうです。
そうそう、このとろみのかつお出汁が飲みたかったのです。オフィス街らしくお持ち帰りも可能とのこと。

《平日13時 ほぼ満席》
IMG_2785

カウンター席の目の前には台湾でおなじみの大同電鍋(台湾の炊飯器。「煮る・炊く・蒸す・保温・温める」ができてしまうすぐれもの)とお隣はのちのち判明の激辛ラー油。

IMG_2849

店内は明るくてカジュアルな感じです。カウンター席とテーブル席が6卓ほどありました。平日の13時ころ行ったのですがサラリーマンのグループ、女性一人、二人組でほぼ満席でした。でも回転が早そうなのでそんなに待つことはなさそうです。

《メニューはシンプル》

IMG_2783

看板商品、台湾麺線セットと 魯肉飯セット、2つがセットになっていて、どちらかが大盛りかという違いです。どちらも850円でデザートもつきます。1100円でドリンクセットもありました。今回はもちろん台湾麺線大の方のセットにしました。(単品でも注文できます)

注文時に「パクチー、辛いのは大丈夫ですか?」と聞かれます。辛いのはほんのちょっとラー油が入るそうです。私は両方とも大歓迎なのでそのままお願いしました。

IMG_2793

メニューの裏にはお店のこだわりが書かれていました。台湾で直接買い付けた手延べ麺線を使用とのことです。メニューのドリンクには台湾らしいタピオカミルクティーや黒松沙士というコーラや酸梅湯などもあって、より台湾気分に浸る時はこのドリンクセットがおすすめです。

《この2トップにやられました〜》

IMG_2790

混んでいたにもかかわらず3分ほどで登場。台湾好きにとっては夢の2トップ。これをみて食欲がわかない人なんているの?というビジュアルです。

麺線も大きな器にたっぷりきました。お腹が減っていたのでこの量でうれしい〜。そしてパクチーも思いの外たっぷり入っていて心の中はうれしい悲鳴を上げていました。

IMG_2787

早速一口

IMG_2791

「んっま!」

台湾の皆さんごめんなさい。ごめんなさい。もしかしてもしかして台湾で食べたよりおいしいかも。いや、同じくらいおいしいかも〜。しっかりカツオだしが効いてて、大腸もたっくさん入ってて、何より麺がするする〜と飲めちゃう柔らかさ。日本で食べられる本場のクオリティ高すぎです。お酒の翌日だったので余計、体が優しい味を求めていたのでより美味しく感じました。

とろみがあるのでずっとアッツアツ。猫舌の方は食べる際はお気をつけください。(先ほどのお店の看板に持ちかえりOKとありましたが、持ち帰ってもランチタイム中熱々だと思います。)

IMG_2789

これもお楽しみ〜。魯肉飯(ルーローはん)台湾風のそぼろ肉ご飯です。こちらは小盛りサイズですが、正直、もっと食べたかった〜。というほどの美味しさ。柔らく煮込まれたお肉にしっかりと味がしみ込み、少し甘辛い感じがご飯と合います。そしてこの美しい煮卵。丁度良い黄身の半熟が具合が食欲をそそります。これはお上品には食べられません。ぐちゃぐちゃまぜて食べましょう。

テーブルには麺線用の台湾烏酢とラー油が置かれていましたのでお好みで味の調整ができます。ラー油をちょっと足したら激辛だったので注意してください。

IMG_2792

デザートの愛玉子。愛玉子という植物の実から作られるゼリーのような台湾デザート。
ラー油の辛さにびっくりしたのですっきりした甘さに救われました。デザートも台湾らしさが嬉しいですね。

《女性一人でも入りやすい》

IMG_2847

いま、航空券があたるチャイナエアラインとのキャンペーンをやっているそうです。

IMG_2843

台湾に行くと結構女性一人で食事をしている人が多くて気楽なのですが、このお店も女性一人で来ている方が多かったです。スタッフさんも元気の良い女性でした。Tシャツが可愛かったのでお願いして写真を撮らせてもらいました。

お客さん、スタッフさん含めお店全体が台湾への愛情が感じられる素敵な台湾麺線やさんです。日本でも美味しい台湾味わえますよ。ぜひ訪れてみてください。

 

関連記事 私のおすすめ日本で台湾の味
新宿山珍居胡椒餅 中野香林坊台湾素食 渋谷台湾物産館

 

台湾麺線®

住所:東京都港区新橋5−22−2 ル・グラシエルビル1F
TEL:03-6435-6032
営業時間:月〜金 11:00〜14:00 17:30〜22:00 土・日・祝日はお休み

《ブログランキング参加しています。下の二つのボタンを押して応援してもらえると嬉しいです》

台湾旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket