しくじり占星術〜こんな星の使い方はするな?!〜【プロローグ】

しくじり占星術〜こんな星の使い方はするな?!〜【プロローグ】

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

カレンです。

最近時間があるときに「裁判傍聴」に行くようにしています。

「え?なんで?」って感じかもしれませんが、

傍聴っていろんな意味でとても勉強になるんですよ。

 

裁判というと人によっては、

「自分には関係ない」と思いがちですが、

実際に傍聴したり、裁判制度について学ぶにつれて、

「いやいや、いつどこでどう自分が関わるかわからない」

という認識に変わりました。

 

傍聴席と法廷の境目というのは、

ものすごい差があるようで実は本当に紙一重。

誰でも当事者になり得ることだってあるんですよね。

人生というものを考えさせられるとても大切な場ですので、

機会があれば家族や友達とも傍聴に行かれることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

さて、

私はただ傍聴に行くだけではなく、

『どのような星の元に生まれてそういう出来事を起こしたのか?(または巻き込まれたのか?)』

が占星術師としてとても気になりました。

 

実は刑事裁判では第一審のときに、

被告人の生年月日と(時に)出生地が述べられるんですね。

つまり、その人のホロスコープを出すことができるわけです。

 

「そんなこと興味本意でやるべきではない」

という声もあるかもしれませんが、

私はこれはただ興味本意なのではなく、

そのホロスコープから、その人の天体はどのように使われていたのか?

またどのような使い方をしていたら良かったのか?

を読み解き心理分析してみたいと思ったのです。

つまり、

法廷で裁かれる人たちの本質をホロスコープ的に読み解き、

“しくじり”人生から学ばせていただきたいと思っています。

ただ、裁判は公開されたものですので、このようにブログで書くことは

別に悪いことではないのですが、

傍聴の際に得た細かい個人情報などは伏せるつもりです。

(個人特定は目的ではありません)

 

タイトルはちょっと悩みましたが、

サブタイトルの「こんな星の使い方をするな」にポイントを置いて

このブログでみなさんと占星術の奥深さを追求していければ良いなと思います。

ちなみに私は、太陽射手座なんですが、

射手座のキーワードの中に「法律」っていうのもあるんですよね。

そういう意味で私の太陽の活かし方としても

良いアプローチの方法ではないかと思っています。

今回は前置きだけですが、今後記事を書いていきたいと思いますので

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket