椎名林檎三毒史「鶏と蛇と豚」と木星の話

椎名林檎三毒史「鶏と蛇と豚」と木星の話

Post to Google Buzz
Pocket

 

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

先日募集を開始したホロスコープメール鑑定ですが

多数のお申し込みがあり早々に締め切らせていただきました。

本当にありがとうございます。

今月からオンラインセッションのお申し込みも始めました。

気軽に「カレン占星術スタイルセッション」をご体験いただけるので

ぜひ試してみてくださいね。

➡️ZOOMオンラインセッションお申し込みはこちら

 

スポンサーリンク

 

椎名林檎さんの「三毒史」に収録されている「鶏と蛇と豚」が衝撃すぎて

ここ数日、頭のなかを駆け巡っています。

PVもかっこいいですね。

「鶏と蛇と豚」という稀に見るインパクトのあるタイトルは仏教における克服すべき煩悩で

それぞれ

鶏・・・むさぼり

蛇・・・怒り

豚・・・愚か

を意味するそうです。

ふ、深いっす林檎嬢。

ここ数年の林檎さんはこの路線というか、

ジャポニズムテイストでもより「隠(陰)」の方に振り切れている感が心地いいです。

林檎嬢の太陽は射手座なのですが、

金星が蠍座なので「業」に焦点をあてるのがうまいですね。

 

で「鶏と蛇と豚」の話。

欲しくて欲しくてやっと手に入れた甘い蜜は、実は毒だったのではないか?

かりそめのような世界で信じられるのは自分の体験だけだ。

というのがこの曲の歌詞の要約だと思います(ですよね?)

 

私がこの歌詞を聞いた時に、

なんとなく「木星」っぽいなって思ったんですよね。

「え?木星ってラッキー星でしょ?」

って思っている方は

ぜひ私のブログの過去記事を読み返していただきたく思います。

確かに占星術の本には、

木星が来た時には幸運が舞い降りてくる〜〜〜〜みたいに書いてあるのもありますし、

木星って確かにそういう面もあるかもしれませんが、(幸運てそもそも人によって違うし)

私は10天体の中でも危うい天体のようにも感じています。

そもそも木星というのは「ガス」でできているため、

それこそあやふやな星でもあるわけです。

 

今の時代は何かにつけ「流行ったら勝ち」みたいな世界ですよね。

インスタ映えなんかもそうだし、

ちょっと変わったスイーツが原宿や渋谷に開店したら大行列ができちゃうとか(←この響きは昭和っぽい)

まさに木星の流行的な感じです。

ピコ太郎がブームになった時、

自分で「ポッと出のポッとハケ」(一発屋という意味)と言っていたのを聞いて

さすが古坂大魔王だなと思ったのですが、まさにその感覚です。

 

あとには何も残らない・・・・。

 

流行とはそんなものだと思うんですが、

でもそんなあやふやな誰かのさじ加減ひとつでつくられた

人工的なブームに乗せられたところで自分には何も残らないわけです。

 

木星というのは「社会規模」の大きな視野な世界なので

個人に落とし込んでいくと「不具合」が起きたりするのです。

あくまで木星は、自己の感覚がしっかりと整ってからこそ

恩恵を授かるものとして利用しないといけません。

だから林檎嬢は自分の感覚が全てよって言っているわけです。

誰かの甘い蜜は自分にとっては毒なのかもしれない

・・・と警告してくれているのですね。

 

この三毒は仏教からくるものですが、

「教え」を多くの人に「広げる」のは射手座の役割でもちろん木星の力が必要なのです。

それを太陽射手座の林檎さんがやっているというのがまた面白いところでもあります。

ブームに乗せられるのではなく、自分が信じるものを広げていく。

木星の使い方としてはこちらの方が本命という感じですね。

 

勉強会でもそんな感じのお話をしていきます。

次回は

6/22 3部太陽・木星・土星 4部トランスサタニアン(1部&2部ご参加済みの方のみ)

6/29 大阪 1部月・水星 2部金星・火星

7/20 1部月・水星 2部金星・火星

ご参加お待ちしております。

お申し込みは➡️こちら

 

【受付中】

➡️【6月大阪】ホロスコープ対面セッション&勉強会ご案内

お申し込みはこちら

➡️ZOOMオンラインセッションお申し込みはこちら

【今後のお知らせ】
→6/22(土)ホロスコープ勉強会 3部4部
→6/27〜29大阪 勉強会&対面セッション
→7/19(金)東京 対面セッション
→7/20(土)ホロスコープ勉強会 1部2部
→7/26(金)東京 対面セッション

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket