【簡単DIY】部屋の壁を自分で塗装してみました!

【簡単DIY】部屋の壁を自分で塗装してみました!

Post to Google Buzz
Pocket

 

おはようございます。

連日の暑さ、お見舞い申しあげます。

さて、

我が家のリフォームですが、

まだまだ絶賛進行中で、

全然終わりません。

 

スポンサーリンク

 

予定では16日には終わるということでしたが、

結局、なんだかんだで月末くらいまでかかりそうです。

自分でやった方が速いんじゃないかという悶々とした気持ち。

今回リフォームにあたって、

事前に壁のクロスを選ぶことになっていたのですが

自分の好きな色で塗装をしてみたかったので、

ネットでペンキを注文し、

壁には塗装専用の壁紙を貼ってもらうことにしました。

そして、

やっと部屋の壁の塗装の許可が降りたので、

早速、ペンキを塗りました。

 

ペンキを買ったのは、

「壁紙本舗」さん。

ペンキだけでなくすぐに塗れるように道具一式も注文しました。

image

▲選んだのはトゥーシューズというピンク色のペンキです。

刷毛、ローラー等の他にもマスキングテープもついてるのでこれだけで塗り始められます。

あとは百均で、もう少し細い刷毛を買っておきました。

 

image

▲塗る時は本当にこれだけでオッケー。

鍵みたいなのでペンキ缶の蓋を開けます。

 

image

▲ペンキがつかないように

マスキングテープとビニール付のテープで、

周りを保護します。

何気にこの作業が一番大変でした。

というのも

業者さんがすでに床材を新しいものに張り替え終えていて、

しかも

新品の建て具もはめ込んでくれちゃっていたため、

あたり周辺、

一番ペンキをつけたくないところだらけ。

最初、

気づかずに必死にカバーリング作業をしてたんですが、

途中で、

なんで、先に(床)貼ったん?

なんで、先に(建て具)付けたん?

とハタと気づき

『順番考えてよー(涙)』

と、

思いながらも必死にマステを貼りまくりました。

image

▲結局、この日は夜から始めたのでカバーリング作業で終了してしまいました。

 

で翌日。

いよいよ塗装スタート。

生まれて初めてのペンキ塗り。

しかも1人作業。

そして、

周辺には新品の床と建て具ありという

大きなハンデがありながらのアウェイな1発勝負です。

image

▲こちらがペンキの色。

ピンクといえども様々な色があり、

ネットで買うときはその画面の色だけで判断しなくちゃなりません。

しかもこの色と塗った時の色合いも

部屋の光の入り加減とかでまた変わってくるんですよね。

 

image

▲というわけで、

壁紙本舗さんでは試し塗りが出来る小さなパウチがありましたので、

事前に幾つか注文して色加減を見ることにしました。

 

image

▲こちらが試し塗りしたペンキ。

ピンクとブルーを3種類ずつ。

同じ色系でも全然違うでしょう?

でもピンクは本当に微妙な色加減で、

こだわりがない人には、

「どう違うの?」レベルです。

この塗った紙も実際に壁に貼る

塗装用の壁紙を使用しました。

実際に塗ると質感もわかるので、

塗装する際はこういうのも大切なんですね。

 

改めて、

いよいよ塗装スタート!

image

▲まず縁の方から刷毛で塗ります。

床に近いところはこのあと巾木が入るので雑でも大丈夫。

 

image

▲コンセント周りはカバーを取って、

マステでカバーして。

こういう細かい作業が苦手なので、

部屋に4つあるコンセントのうち

この1つだけ枠までは取らなかったのですが

案の定あまりキレイに塗れませんでした。

 

image

▲縁を塗った後は、大きな面をローラーで塗っていきます。

このペンキ、

素人の私でもとっても塗りやすくてガシガシ塗れます。

臭いもほとんどなく、

暑いので他の部屋は締め切って冷房して、

換気のため窓は開けておきましたが

それでも具合が悪くなるようなことはありませんでした。

すごく優秀です。

image

▲一度塗り終了後

少しムラが見えますが、

実際に塗り続けてると

一度塗りでもムラなく塗れるようになってきました。

このペンキ自体がもったりしてるので

塗り方によっては一度塗りだけでも全然問題なさそうです。

 

image

▲天井付近と床に近いところを塗るのは少し大変でしたが、全体的にスムーズに塗れました。

念のため2度塗りし、乾く前にマステを外して完成!

このマステを剥がす時が最後の難関でした。

テープやビニールについたペンキが

建て具にくっつかないように慎重に!

 

【まとめ】

四畳半ほどの部屋を2度塗りするのに約4時間ほど、

養生を含めると合計5時間くらいで仕上がりました。

細かいところを塗るのと、養生に時間がかかったので、

もう少し早くできたかと思います。

塗装自体は楽しかったので結構くせになりそうです。

壁紙本舗さんでは

様々なペンキだけでなく、壁紙も取り扱ってるので

素人でも簡単にDIYできると思います。

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket