山梨さくらんぼ狩り アウトドアライフクリエイターのこだわりBBQでご満悦!後編

山梨さくらんぼ狩り アウトドアライフクリエイターのこだわりBBQでご満悦!後編

Post to Google Buzz
Pocket

さくらんぼ狩り&甲州ワイン&こだわりBBQ体験の後編です。

前編はこちらから

いよいよBBQ

IMG_5592

さくらんぼ狩りを満喫したあとは、お楽しみBBQタイムでした。
今回アウトドアライフクリエイターの飯泉賢さんが選ばれたお肉は大地を守る会の「幻の短角牛!」
幻の!というだけでなんだか心ウキウキ。こんな機会じゃないとなかなか食べられません。

・肉牛の全流通量の0.12%しか流通していない幻の短角牛という希少種です。
・通常牛は牛舎内で一生を終えますが、短角牛は夏はひろーい牧場で放牧です。
・ゆえに、よく運動した健康的な赤身が自慢です。
・赤身は旨味の元であるアミノ酸含有量が多く、霜降りの油とは違うあっさりとした旨味が味わえます。

 

アウトドアライフクリエイターのこだわりはそれだけにとどまらない

IMG_5588

そして飯泉さんのこだわりのセレクトはお肉だけではありませんでした。それは、BBQにかかせない「炭」!
素人からすると炭といえばあの「炭」しか思い浮かばないのですが、

飯泉さんは今回岩手の切炭と紀州窯元直送の備長炭を用意してくれました。しかも備長炭は煮沸しておくという手間をかけてくれていたそうです。
こういうのがプロの仕事!アウトドアを美味しく楽しむためのコツなんですね。
画像の左側の新聞紙の上に広げてあるのが備長炭だそうです。

飯泉さんのブログにて詳しく書いてあります。

 

IMG_5589

私自身、どちらかというとインドア派だったりするんで今までアウトドアライフを楽しむことはありませんでした。
今回、アウトドアライフクリエイターの飯泉さんの仕事ぷりを間近で拝見して、ゲストに美味しい料理を提供しようと炭の具合や、料理の調理法や、焼き加減などとことんこだわっていらっしゃるのが印象的でした。
飯泉さんご自身がアウトドアライフを満喫しているのを見ることによって「アウトドアライフって楽しそう」と感じる方も多いんじゃないかなと思いました。

 

いよいよ入刀の儀式!

さて、飯泉さんの「焼けたよ〜」の掛け声とともに、短角牛のステーキがテーブルに運ばれます。
実は、この希少な短角牛を切り分ける入刀作業を担当したのが私!
周りのゲストから「切りっぷりがよい!」と持ち上げられて、なんとかもおだてりゃ木に登る。でした。

切っている最中からこのお肉が只者ではないのが感じられました。まるでお刺身を切っているかのように、す〜と刃が通って行くほど柔らかで、溢れてくるジューシーな肉汁。飯泉さんの絶妙な焼き加減でほんのりレアさが残っていて、そこに完璧なステーキがありました。我先にとゲストが箸を伸ばし、口に運び、全員が「おいしい〜」と感嘆、ご満悦の顔でした。

IMG_5601

こういうお肉に出会っちゃうとあとが大変。
青空の下でこだわりの炭火でプロに丁寧に焼かれた希少な短角牛なんて、こんなシチュエーションはめったにないですもんね。これは忘れられない体験になりました。

 

まとめ

旬のさくらんぼ狩り、甲州ワイン、BBQと盛りだくさんのイベントでした。
帰りに金丸文化農園さんでさくらんぼを購入させていただきました。東京で買ったらおそらく倍以上はするようなものをお得価格でお安く提供してもらいました。これでおうちに帰ってもさくらんぼがまた楽しめます。

FullSizeRender-2
向かって左が飯泉さん 右が金丸さん

今回のイベントの企画のお二人。このようなイベントを企画してくださった金丸文化農園、園主の金丸直明さん、アウトドアライフクリエイターの飯泉賢さんありがとうございました。お二人の誠実なお人柄と前向きに人生を生きる姿勢に魅力を感じました。

今回はイベント進行でお忙しそうで(私もワインで酔ってたので笑)お話があまりできなかったのでまたお会いするのが楽しみです。これからもお二人のご活躍に注目していきます!!

 

 

飯泉賢オフィシャルサイト 人生を楽しもう!ブログ

金丸文化農園ホームページ 今回私が楽しんださくらんぼ狩りはまだ体験できるそうです。ぜひ有機肥料を使った美味しいさくらんぼはこちらで!*さくらんぼ狩りの予約はこちら

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket