天才クリエーター&おもしろ絵本作家の西野亮廣さんの独演会にいってきた

天才クリエーター&おもしろ絵本作家の西野亮廣さんの独演会にいってきた

Post to Google Buzz
Pocket

 

先日、Facebookのタイムラインにたまたま流れてきたとある方の投稿で、

お笑い芸人のキングコングの西野さんのブログを知りました。

 

西野さんといえば「はねるのとびら」というバラエティ番組に出てたなと、

やけにYahooニュースに登場する人だなというくらいの認識しかなかったのですが、

そのブログが異常に面白く、

「え?この人ってこんなに面白い人だったの???」とそれまでの認識がガラッと変わっちゃいました。

いや、変わったというよりも、知らなかっただけで、もともとすごい面白い人だったのです。

 

スポンサーリンク

 

ブログを読んでいたら、

芸人から「おもしろ絵本作家」になっているということと、

「魔法のコンパス」という本を出すということと

どうやら近日東京で独演会をするということを知りました。

 

すっかり西野さんの魅力にはまってしまった私は、

いつのまにか、

独演会のチケットを買い、

いつのまにか、

発売日に「魔法のコンパス」を買い、

そして気づいたら

鶯谷にある「東京キネマ倶楽部」に行われる独演会に足を運んでいたのです。

IMG_8709

 

この独演会は8日間で10公演されるそうで、しかもそれぞれの回の内容が違うそう。

私は西野さんの仕事に対しての考え方にえらく感銘を受けてしまったので、

「ビジネスの話」をする回に行ってきました。

IMG_8710

会場は東京キネマ倶楽部という元キャバレーの建物(劇場としては現役)でした。

IMG_8715

会場内は、西野さんの絵本のミニ原画展のブースがあったり、

絵本作家の西野さんの世界観がちょっぴり表現されていて、劇場の雰囲気にもぴったり。

IMG_8721

この日は仕事について話す回で

内容はご著書「魔法のコンパス」そのままだったのですが、いやはやとっても勉強になりました。

「魔法のコンパス」という本は、絵本ではなくていわゆるビジネス書の部類。

とはいっても、全然堅苦しい内容ではなくて、

西野さん的なビジネスやお金に対しての向き合い方って

こんな感じでいいんじゃね?的ものを軽快に書かれています。

でもそれがまた「本質」をついちゃっているからぐうの音もでない。

 

芸人さんだけに、話術が本当に巧みだし、

高価なビジネスセミナーに出るよりも100倍価値のある本質をついた話を笑いを交えて話せるのは

今の日本では西野さんだけじゃないかな?って本当に思いました。

たぶん過去から続く既成概念にどっぷり浸かっちゃっている頭だと理解する前に壁ができちゃう突飛な持論を、

西野さん自身の道無き道を歩んできた実体験によって語られるからすごく説得力がありました。

2時間があっという間に過ぎてしまい、

もっと聞いていたかったけど、「魔法のコンパス」を読んで復習したいと思います。

 

終演後はサイン会。

IMG_8724

サインをしながら「暑い中来てくれてありがとう!」の言葉も嬉しかったです。

間近でみた西野さん。

めっちゃ「ハンサム」。

「イケメン」なんて軽いもんじゃないんです。

めっちゃ「ハンサム」。

生まれて初めてイケメンとハンサムの違いがわかりました。

 

IMG_8726

このクソおみくじについては「魔法のコンパス」に答えがあります。

 

【karen’s point】

IMG_8702

普段あまり本は読まないし、ましてや発売日がこんなにも待ち遠しい本は久しぶり、

帰りに寄ったTSUTAYAにこの本が並んでなかったので文句を言いたくなったほど面白い本です。

 

この本を読んで、「面白い人」と「面白いことを考えている人」というのは天と地の差だなと思いました。

 

これからの時代「面白いことを考えている人」が勝つんじゃないかな?

いや、勝ち負けではなくて面白いことを「考えている」人の方が絶対に面白い人生を歩んでいけると思いました。

西野さんはそんな未来を見据えて毎日面白いことを考えて自ら実験しているような人でしたよ。

「え〜でもあのキンコンのニシノでしょ?」と思った方はまず西野さんのブログを読んでみてくださいね。

天才クリエイターの一面を見られてきっと「魔法のコンパス」を読みたくなるはず。

おすすめです!

 

西野さんブログ

魔法のコンパスはこちら⇩


スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket