ねほりんぱほりん 「我が子を虐待してしまった人」雑感

ねほりんぱほりん 「我が子を虐待してしまった人」雑感

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザーカレンです。

昨晩放送されたEテレねほりんぱほりん

「我が子を虐待してしまった人」でした。

くわしい内容はこちら

 

スポンサーリンク

 

見終わった後・・・

すっきりしないというか・・・

胸◯ソ悪いっていうか・・・・

何度もテレビに向かって「バカヤロウ!!」と言ってやりたくなりました。

 

ここ数年、虐待やDVに関する話題がない日が無いほど社会問題になっていますけど、

当の加害者達はまったく加害者意識がないというのが現状のようです。

 

今回のゲストは、子供や妻に暴力をふるっていた父親。

今は「加害者」の更生プログラムに参加して、

家族との関係を元に戻したくてがんばっているそうです。

 

この番組に出るくらいなので、

ある程度自覚症状あって自分が「加害者」だと理解できている人のようでしたが、

それでも

・子供は自分のおもちゃだと思ってた。

・自分が兄弟で末っ子だったので幼少期に圧を感じていた。

・結婚して自分が王様気分になった。

・自分はじゃれ合っているつもりだった(風呂で足を持って頭を沈めるのどこがじゃれ合うっていうの?)

・娘が児相に保護された後も「なぜ自分の娘を奪うんだ」と思った。

という言葉が出てきて、腹立たしくて仕方がありませんでした。

 

ダメだってわかってても暴力をふるってしまうというゲストに

MCのYOUさんが「不器用なんだね」と言っていたんですが、

私はこの人、全然不器用だとは思いませんでした。

むしろ、確信犯だろうって感じです。

なぜなら、

YOUさんに「会社で上司や部下にも殴るの?」と質問された時、

「殴らない。そこで我慢しちゃって、家に帰ってくると・・・」と答えていたんですよね。

本当の本当に不器用な人は、

会社の上司や部下とか相手が誰でも関係なくやってるはずです。

その辺の自意識は働いているのに、不器用も何も無いでしょ。

 

一番印象に残ったのは、加害者更生プログラム参加者の

「「自分は正しい」で苦しんでいる」という言葉でした。

「自分は正しい」というのは、自分を認めてもらいたいということ。

この父親だって、職場で自分を認めてもらえない、

つまり、承認欲求が満たされていないから、

家に帰ってそれを満たすために家族を利用して、

暴力という安易な形で自己顕示欲を満たそうとしたわけです。

 

虐待やDVの加害者は、

子供の頃に満たされなかった感情を解消するため

自分が威張れる王国を作って王様になりたいだけなんですよね。

大人になってから

“あえて”そういう環境(家族)を作ろうとしているんだなと感じました。

だから不器用じゃなくて確信犯なんですよ。

 

でも実際こういう人多いですよね。

虐待や暴力までいかなくとも、

SNSに張り付いて説教垂れているおっさんとかまさに承認欲求の塊。

今の時代、それだけ自分で自分を満たすことにも能力が必要なのかもしれません。

 

超個人的な意見ですが、

他にエネルギーの発散方法見つけろよって思うんですよね。

たとえば仕事帰りに、

バッティングセンター行ったり、ボクシングジム行ったり、

そうやってストレスを発散する方法なんて山ほどあるのに、

こういう人に限ってそういうのをやらずに

仕事終わったら家に直行したりするんですよ。

 

結局、この父親は結婚→虐待DV→離婚→再婚(元サヤ)→娘児相が保護→別居

で、更生プログラムにたどり着いたそうですが

元サヤ再婚にびっくり。

しかも再婚の理由が震災があって怖くなって息子が

「パパと一緒に暮らしたい」と言ったからだそうですが、

私は震災よりもこの父親と暮らす方がよっぽど怖いやんと思っちゃいましたけどね。

 

ちなみに、職業病ですが、

番組を見ながらこの人のホロスコープはどんな感じだろう?と考えちゃいました。

おそらく「月」が何らかの形で影響しているんじゃ無いかなって思います。

 

以上、雑多な感想でした。

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket