離婚成立で謎の勝利宣をした松居一代さんの「月」がやばかった件

離婚成立で謎の勝利宣をした松居一代さんの「月」がやばかった件

Post to Google Buzz
Pocket

スポンサーリンク

 

今年、世間を騒がせた松居一代劇場。

とうとう船越さんとの離婚が成立し、

松居さんが記者会見で「勝利宣言」をしたそう。

え?

それは船越さん側のセリフでは????

松居さんの方が、離婚したくないから裁判してたと思ってたのでびっくり。

 

会見は見てませんが、

母親に電話するパフォーマンスをしたそうです。

本当は、電話は繋がっていないのにあたかも通話しているように会話していた?!

なんてまことしやかな噂までネットに載ってましたけど、

どっちにしても

おばさん!

こ、怖すぎるぜ!!

 

以前、松居さんと船越さんのホロスコープと相性を読みましたが、

今回改めて、松居さんのホロスコープを見てみたらとんでもないことを見逃していました。

松居さんの場合、

火星と天王星がコンジャンクションしているのがインパクトが強かったので

そっちばかり気になっていましたが、

女性として妻としても肝心な「月」がかなりやばい状態でした。

松居さんのホロスコープはこちら↓

IMG_0847

松居さんの月は牡牛座の27度にあって、

生まれ時間によっては双子座かもしれないんだけど、

どっちみち、

獅子座の冥王星と90度のスクエアになります。

月(感情)と冥王星(究極)が90度を作る場合、

かなり感情の偏りがでてきます。

0か100か、白か黒か、

はっきりさせないと気が済まない。

穏やかに笑顔で話していても

ひとつでも自分の気に入らないことがあったら、

ガラッと態度が豹変してしまうタイプです。

 

月は「妻」を表すので、

妻としても極端さがでてしまったというのがなんとも痛々しいです。

とくに、冥王星は獅子座にあるため、かなりパワフルなエネルギーです。

獅子座冥王星世代(1939年〜1957年生まれ)の人というのは、

「主役は私」な価値観を持っているので、

とことん自分を前面に押し出していくタイプなんですよね。

いわゆる団塊の世代ですが、

正直、今、生きている人の中でこの世代が一番元気な気がします。

 

松居さんの月は、

乙女座の木星と120度のトラインを結び、

獅子座の火星、天王星とは60度のセクスタイルなので、

家事全般をうまくこなすのはお手のものでしたでしょう。

しかもそれを主婦業ビジネスとして成功させるくらいなので、

月の状態はそこまで悪くないはずなんですが、

やっぱり冥王星のエネルギーは躊躇がないんですね。

 

今回、内面の変化を表すプログレス法でのホロスコープも見てみましたが、

松居さん・・・あと1年以内くらいに、自分の中で新しいプロジェクトが始まりそうです。

すでにその兆しはばっちり現れていますが、

新しい松居一代誕生!なんて、また世間に自分アピールされても

正直、ほとんどの人に「どうでもいいわ」って思われそうで気の毒です(笑)

しかも、前回も書きましたが、

今後、トランジットの山羊座冥王星が松居さんの金星、火星をターゲットにしてくるで、

これからどう転ぶか?

まだまだ松居一代劇場は続きそうです。

 

関連記事

トラブルの原因は?!松居一代さんのホロスコープの読んでみた

船越英一郎さんと松居一代さんのホロスコープ的相性ってどうなの?

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket