ホロスコープは戦略を立てるツール

ホロスコープは戦略を立てるツール

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

昨日、一昨日と京都にてホロスコープセッションを開催したのですが、

遠くは広島や電車3時間かかるところから来てくださった方もいて

本当にありがとうございます。

有意義な時間になったようでしたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

私の中では占星術の「占」という一文字にしばられて

まだ「占い」に対しての抵抗があるのですが、

逆に鑑定を受けてくださる人の方が

「占い」を受けている感じがしないのかもと感じています。

(まどろっこしい言い方)

 

一般的に「占いを受ける」というと、

「自分で決められないから」

「あの人の気持ちが知りたいから」とか

無力感が先に出ちゃっている人が受ける印象があるように思えますが

私の鑑定に来てくださる方は

ホロスコープを戦略的に取り入れようという方が多いです。

 

他の占いがどうかとかは関係なく、

たしかに私もホロスコープは

「戦略的」に使えるものだと実感しています。

今回セッションを受けてくださった方でも

過去に他の占いもやったことがあるけど、

「ホロスコープ(占星術)が一番面白いし、すごい使えると思う」

というようなことをおっしゃっていました。

 

実際に私自身、占星術と謳いながらも

占っているつもりはさらさらなくて、

チャートから読み取れることを淡々とお伝えし、

過去の出来事から

現状なぜそれが問題(課題)になっているのか?

そして今どのような流れにいて、

どういう未来に向かっていけば良いのか?

そんな話をしているだけなのです。

(「それが占いだよ」と言われればそうなんですけど(笑))

だからホロスコープをツールとして戦略を立てている

と言った方が私の中ではスッキリします。

 

結局、占いでも鑑定でも受けたあとは必ず

「自分だけの課題」が見えてくるので

それに取り組まないと変わらないんですよね。

つまり、戦略を立てるからには「戦に出る覚悟」が必要なのです。

そうなると、完全なる受け身状態で来てしまうと

物足りないだろうなとは感じます。

 

私のセッションは決して安いものではありませんので、

元を取る意味でも、

戦略を実際に戦(人生)で試してもらえると嬉しいですね。

自分だけの課題は見えているので

あとはシンプルに取り組むだけ。

ホロスコープは自分を幸せにしてくれる不思議な類のものではなく、

自分の中に力があるというのがわかってくる。

そんな風になればいいなと思っています。

 

今後の予定

8/31(土)ホロスコープ勉強会3部&4部 お申し込み

9/20(金)東京対面セッション お申し込み

9/21(土)ホロスコープ活用座談会 お申し込み

9/27(金)東京対面セッション お申し込み

9/28(土)ホロスコープ勉強会 1部&2部 お申し込み

*セッション&勉強会 詳細はこちら

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket