ハウスは深い

ハウスは深い

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

週末はオンラインセッションが続きました。

ZOOMを初めて使うという方もいらっしゃいますが、

一度試すととても簡単だというのがわかってもらえると思います。

ネット環境が整っていない人は

もう次の時代は生きていけませんので、

ネットのやり取りが当たり前にできる環境づくりは

今年中くらいに済ませておくのは必須ですね。

ちなみに、私はずっとモバイルルーターを使っているんですけど、

これならどこでもネットに繋がれるので本当に便利ですよ。

 

スポンサーリンク

 

さて、ホロスコープは

天体、サイン、ハウスを読むのが基本にありますが、

「ハウス」については

と〜〜〜ても深くて、

正直、読むのは簡単ではありません。

天体やサインについてはある程度、

似たような傾向をもたれていますけど

星占いの本に書いてあるハウスの解釈だけで理解するのはちょっと無理でしょう。。

 

たとえば、一つのハウスに天体が集中していることを

ステリウムと言います。

特に個人天体が2つ以上入っていると

人生においてそのハウスのテーマが色濃くなっている傾向にあります。

 

12ハウスはそれぞれ意味合いが違いますけど、

1ハウスは牡羊座

2ハウスは牡牛座というように

その背景にあるサインをイメージするとわかりやすいですよね。

たとえば、9ハウスに天体が集中している人は、

いて座的なテーマが環境の中でクローズアップされやすいため、

人生は常に「学び」や「成長」を意識しやすいかもしれません。

 

また太陽サインがなんでろうとも、

ステリウムされているとそのサインのエレメントが強調されてきます。

1、5、9ハウスは火のエレメント

2、6、10ハウスは地のエレメント

3、7、11ハウスは風のエレメント

4、8、12ハウスは水のエレメント

といった感じですね。

なので、例えば太陽や月のサインが地のエレメントだとしても、

3ハウスに天体が集中していると

風エレメント的な横のつながりを意識しやすい傾向があるかもしれません。

地のエレメントは基本的に個人主義なので、

風的な流れのノリについていけるかどうか?

を環境の中で訓練させられるといった感じの人もいます。

 

ステリウムされているというのは

たしかに意味があるのですが、

しっかりとその意味を掘り下げていくのは大事ですね。

セッションをしていると、

たとえば同じハウスでステリウムしている人でも

生きてきた背景が全然違うのです。

だからハウスを読むのはプロでも本当に難しいと思います。

 

私もセッションを2回目以降お得な価格にさせてもらっているのは、

そういうところを深堀してもらいたいからというのもあります。

占星術はただ運勢を読むだけのものではなくて、

自己理解を深めるためのツールだと私は思っていますので、

ぜひご自分を知るためにホロスコープを活用していってくださいね。

【12月zoomオンラインホロスコープセッション受付中】

現在、平日9時〜,10時〜,18時以降
土日18時以降 が都合がつきやすいです
*画面にホロスコープを共有するのみでお互いの顔出しはありません。
*新規様(メール鑑定含む)
80分 10,000円

*リピーター様(オンライン&対面)
60分 5,000円

お申し込み(出生データ必須)
詳細はこちら

セッションを受けてくれた方のご感想はこちら
「私らしく生きるを取り戻す確認作業」
→「霧が晴れて視界が明るくなるようでした」

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket