「こどもがかわいそう」は自分が可哀想

「こどもがかわいそう」は自分が可哀想

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

有名人の離婚や不倫の話題があがったとき、

その人たちに小さい子供がいると

「こどもがかわいそう」

というコメントがネットやSNSなどで

たくさんあがっているのを見るんですね。

 

スポンサーリンク

 

まあ、たしかにかわいそうなのかもしれませんけど、

実際に当事者の声を聞いたわけではないだろうから、

コメントする人たちの経験や憶測として「かわいそう」

という感情がでてくると思うんですよ。

たしかに、親が離婚したり不倫したりすると

ほとんどの人は悲しかったり不安だったり、傷ついたりしますよね。

そういう経験がなくとも、

共感しやすい人はそこに同情しちゃうのかもしれません。

だからこういう感情は、

人間としてぜんぜんあっておかしくないとは思うんですけど、

ただ、過剰反応する人は注意が必要だと思います。

なぜならその子供に自分の幼少期を投影し、

大人になってからも

そのころの傷がまだ癒されていなかったり、

トラウマのように抱えてしまっているのかもしれません。

 

もちろん虐待などの犯罪行為は話は別ですけど、

ある程度、自分が大人になってくると、

「あの時はわからなかったけど、親にも理由があったんだな」

というように

子供の頃と違った大人の視点としての解釈が加わったりすると思うんです。

親も苦労してたんだなとか、辛かったんだろうなとか。

 

私が小さい頃、両親が商売してて

それを巡ってよく夫婦げんかをしていたのが

すごい嫌だったんですよね。

そんな子供の自分が可哀想だったかどうかは別として

今になると、

ケンカするほど真剣に商売に取り組んでいたんだなとか、

思ったりして、

当の本人たちがどうだったかは知りませんけど、

それなりの事情もあったのだろうと汲めるようになると

子供の頃の自分が癒される感じもするんですよね。

 

こどもがかわいそうと過剰反応しちゃう人たちは、

「なぜそこに過剰反応しちゃうんだろう?」

と自分に問いかけてみるのもいいですね!

ではでは!

スカイプオンラインホロスコープセッション
お申し込みはいつでも受け付けております。
*********
カレン的ホロスコープセッション
*ご新規様
90分15,000円

*リピーター様
60分10,000円

*6ヶ月以内リピーター様
60分5,000円
詳細、お申し込みは
お申し込みフォーム

*スカイプでのセッションになりました
こちらダウンロードできます

*********

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket