あいさつで生き残る

あいさつで生き残る

Post to Google Buzz
Pocket

 

昨日

コミュニケーションは「知りたい」から始まるを書いて

古牧 和都さんのブログを思い出した。

**

いじめの問題も同じです。

私の知る限り、いじめられる子供は自己主張が弱く、
普段からのコミュニケーションが取れていません。

つまり、他人から見れば「理解できない物(現代の妖怪)」なのです。

**

これ2007年の記事なんだけど、

今だったら文脈が読めずに

『いじめられる側が悪いみたい言うな〜!!』と

脊髄反射しちゃう人がいそうで怖いんだけど、

記事全体を読むと→いじめの原因は現代の妖怪?

なるほど、と思わざるを得ない。

 

スポンサーリンク

 

コロナ禍で日本て一億総”村社会”だったのが判明した。

とにかく「同質」に重きを置いて

ちょっとでも自分と異質ならば排除しようとする民族なんだろう。

結局、いじめはいけないと言いつつも

異質→理解できない→だからいじめられて当然だ

くらい思っている人が多数いるのかもしれない。

 

自己主張ができないと存在があやふやなので異質扱いされやすい。

ただ日本は逆に出る杭は打たれる場合もあるのでややこしい。

 

どっちにしてもコミュニケーション力が大事だということだ。

相手を理解し、自分も理解してもらう。

いや、理解までいくのはかなり上級かもしれない。

せめて、存在を知ってもらうくらいの

コミュニケーション力は持ってないと生き残れないだろう。

 

話は変わるけど

最近「あいさつ」をする機会が少なくなっているように思う。

オンライン化が進んだからか?

人間関係が希薄になっているからか?

あいさつはとにもかくにもコミュニケーションのとっかかりだ。

以前、”気”を教えてくれた先生が

「武道は最初の礼(あいさつ)で勝敗が決まる」

みたいなことを言っていた。

主導権をとるか?とられるか?ってことなのかもしれない。

 

あいさつとは気を出すこと。

つまり自己主張なのである。

挨拶の語源→出典こちら

**

挨・・・押す。(心を開く)
拶・・・迫る。(心に近づく)
「押す」と「迫る」で押し合うという意味合いになります。
これを要約してみると自分の心を開いて、相手の心に近づいていく。
挨拶する側は心を開き、された側も心を開く。
お互いが心を開いて近づいていき、
人間関係を築いていく第一歩にしていくという意味になるか

**

コミュニケーション力がない人は

まずあいさつから始めてみるといいかもしれない。

当たり前すぎるけどほとんどの人ができてないから。

だからこそ意味はあるはずだ。

つまるところ、

あいさつは生き残るための最強のコミュニケーションツールなのだろう。

 

では!

*****
ZOOMオンライン
カレン的ホロスコープセッション

*ご新規様
90分15000円

*リピーター様
60分10000円

*6ヶ月以内リピーター様
60分5000円
パートナーシップ相談はオプション
ホロスコープ追加1件+3000円

詳細、お申し込みは
こちら
*****

 

 

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket