友達以上、夫婦未満

友達以上、夫婦未満

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

おとといはリピーター様のオンラインセッションで

今回は旦那さんのホロスコープも読んで欲しいというご依頼でした。

最近、ほんと増えてるんですよ、

パートナーのホロスコープを読んで欲しいというご依頼が・・・。

 

スポンサーリンク

 

結婚して長い夫婦でも、

フレッシュな夫婦でも

実は相手のことを

あまりわかっていないというのは多いんじゃないでしょうか。

 

「結局あの人はどんな人なんですか?」

 

え?わからないで結婚したの?

とちょっと心配になっちゃいますが

まあ、

夫婦なんてのある程度は相手を

↓これぐらい目を細めてみるくらいがちょうど良いのでしょう。

EOP2Am7UUAICKYO

 

けれども、本気で自分の人生を考えた時には、

しっかりと目を見開いて

この人と残りの人生をどう生きていくのか?

はたまた、生きていかないのか?(!)

見極めたくなるのかもしれません。

だから大切なのは

“今”相手のことを知りたいと思ったご本人のその気持ちなのです。

 

よく相手との微妙な関係性を表すのに、

「友達以上、恋人未満」なんていうこともありますが、

いろいろな人の話を聞いていると、

「友達以上、夫婦未満」

といった関係のカップルが多いように思います。

友達よりは一線を超えているし、

公的には夫婦として認められているけれども

本人たちが

『私たちって夫婦って言えるのかな?』

という疑問を持っている。

そんな感じ。

 

もちろん夫婦のあり方は100組いれば100通りあるのでしょうが、

宗派、思想が違えど

「病める時も健やかなる時も・・・」

が基本だと思うんですよね。

つまり

二人の人間がお互いに支えあって

二人の人生を築き上げていくのが夫婦っしょ!

ってのが前提としてあるわけです。

 

現代人はみんな忙しいので

「相手の時間を奪ってしまうようでしのびない」

そんな気遣いもあるのかもしれませんが

大切なことを話し合うのを避けてしまい

相手との関係を深められない。

ドロドロできない。

そんな未満夫婦がけっこう多いように思います。

 

でもね〜、

そうはいって一応は「夫婦」なんでね。

やっぱり病める時も健やかなる時も〜〜

二人でドロドロしておきましょうよ。

そのためにも相手がどんな人なのかちゃんと知っておくと良いですね。

夫婦ってやっぱりお互いに投影してる場合が多いので

客観的に見るにはホロスコープはほんと〜〜に使えます。

今日は春分の日。

占星術的にも新しいサイクルのスタートの日になっています。

気持ち改め、夫婦関係見直してみませんか?

通常のセッションにオプション
ホロスコープ追加+3000円で
承っております。

*****
カレン的ホロスコープセッション受付中
(ZOOMオンライン)
*ご新規様
90分15000円

*リピーター様
60分10000円

*6ヶ月以内リピーター様
60分5000円

詳細、お申し込みは
こちら
*****

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket