野菜スープ習慣を続けるコツ レシピあり

野菜スープ習慣を続けるコツ レシピあり

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

ホロスコープアドバイザー・カレンです。

1ヶ月くらい前から野菜スープをつくり飲むようにしています。

超簡単なやり方で、

水に昆布とダイス型にカットした野菜数種類と塩を入れて

15分くらい煮るだけ

これだけでも十分おいしい野菜スープができます。

ご存知の方も多いと思いますが、

このスープ、ちまたでは脂肪燃焼スープとか

有名大学式のダイエットスープとか言われてます。

 

スポンサーリンク

 

でもそんな大げさなものでなくて、

単純に野菜をたっぷり食べることができる健康的なスープなんですよ。

ただダイエットとして始めた人たちの口コミを見ていると、

味に飽きて続かなかった。

と言う声が多い。

たしかに私も以前ダイエット目的としてやった時はすぐに飽きちゃった記憶があります。

でもこの1ヶ月続いている秘訣は

出汁にこだわったこと

私の場合は、昆布と鰹節の出汁をとったり、鶏むね肉から出汁をとってみたりと、

最近は昆布に加えて大根を千切りにして天日干ししたものも入れたら最高に美味しい出汁がとれました。

毎食、このスープを最初に飲むようにしているんだけど

朝は「スープを飲むために起きている」と言っても過言ではないくらい楽しみになっています。

 

もう一つのコツとして、

「健康のため」にやること

実はこのスープ習慣も、

最初はダイエット(痩せる)目的でやろうとしたんだけど、

散々それで失敗してきたので、

そういう早急な結果重視のものではなくて、

体に優しいことという意識で始めました。

その方が気分的にもプレッシャーがないから楽なのです。

 

ということで

一応こんな感じのレシぴです↓

 

カレン流の野菜スープレシピ

*水 1リットルほど

*こんぶ 10センチ×2枚

*野菜 5種類ほど

たまねぎ 1個

かぼちゃ 4分の1個
(硬いのでレンチンしてからカットする)

トマト1個

人参 1本

キャベツ 適当

*天然塩 小さじ1〜2

私は↓こちらの塩を使ってます

 

野菜をダイス型にカットして全ての材料を

鍋に入れて蓋をし、15分〜20分ほど弱火で煮込んで野菜が柔らかくなったら出来上がり。

昆布は30分ほど水につけておいてから火にかけても良いし、

めんどくさければ野菜と一緒に入れて火にかけてもOK。

一応レシピにしましたけど、

野菜の量や種類は超適当で大丈夫です。

野菜が足りなければ切り干し大根や高野豆腐などの乾物もオススメです。

塩が少ないとぼやっとした味になるし、

野菜の甘みを引き出してくれるので

私は塩多めがオススメです。

 

このスープを飲むようになって、

「出汁」って超天然のサプリメントだなと感じています。

日本人のDNAに刻まれているからでしょうか?

体も元気なんですが、メンタルにもかなり良いです。

顆粒のものは楽なんだけど、

やっぱり素材そのものを使った方が美味しく感じるんですよね。

私には珍しく1ヶ月飽きずに続けられたのもこの出汁のおかげかなと思います。

よかったら試してみてね!

ではでは!

 


スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket