【祝】 わずか2ヶ月半でブログに100記事書いた私が「やらなかった」こと3つ!

【祝】 わずか2ヶ月半でブログに100記事書いた私が「やらなかった」こと3つ!

Post to Google Buzz
Pocket

こんにちはカレンです。おかげさまで100記事を迎えることができました。これもひとえにブログを読んでくださった皆様のおかげです。ありがとうございます。

1月24日にプロブロガー立花岳志さんのブログ入門セミナーを受けてからブログを書き始めて、2ヶ月半でいつのまにか100記事書いてました。振り返ってみて短期間でここまで成果をだせたのは「〜をやらなかった」からだと思います。3つのポイントをまとめてみました。

 

1 あまり目標を持たなかった

ブログを書くにあたって目標を持つのは大切なんですがそれに縛られてしまうと苦しさが生まれることもあります。
大きな目標は今は考えず「1日何回更新できるかな?」位のその日その日のチャレンジみたいにしていくのも良いと思いました。

また私の場合は、ブログランキングに参加してそのランキングアップのためにがんばりましたが、目標というよりもどんな記事なら読んでらえるかを考え、楽しみながら記事を書いていました。

 

2 テーマに強くこだわらなかった

1月24日にブログを始めてから当初はマッサージの記事を中心に書いていこうとしました。けれどもそればかり書くこともできなかったので途中から大好きな台湾の記事を書くようにして波に乗った感じがします。
主軸はそこにありますが、私のブログはグルメ記事が大半です。私の日常ではそれが一番書きやすいし、読者の方にも好評です。

テーマにこだわっているとこれはネタにならないな〜と書くことに躊躇してしまいます。「テーマとづれるけど今日はこれが書きたいから書く」と思っていると、あまりネタに困らなくなりました。

たまに海外ドラマのネタがいきなり入ってきたり、見境ないな〜くらいがちょうど良いんですね。

 

3 自分を責めなかった

初心者ブロガーの悩みの種は、「毎日書けない」かもしれません。お仕事でやっているのは別になりますが、これに囚われていると自分を責めてしまうことになるんですよね。

私はブログにカレンダー機能を入れて毎日ブログを更新しているというのを見るのを楽しみにしていたのですが、事情により取り下げてしまった記事や、いつのまにか消えてしまった記事もあって、所々更新されていない日が出ちゃいました。
気持ちよくはないですが、でもこれはしょうがない。別に抜けてても他人からは責められません。責めるのは自分なのです。
これだけじゃくて、ネタがない、うまくかけないなども、責める原因になります。自分を責めているとブログを書くのが嫌になります。ですから責めないのは大事です。自分で決めたルールはその都度更新していけばいいいよねって思いました。

 

 

《まとめ》

はてなブログからの移行などの事情により取り下げたり、消えてしまった記事もあったので実際にはすでに103記事超えてました。

俗に、「楽しんでやっていたらいつのまにか〜な結果になってました」ということをよく聞きます。2ヶ月半で100記事書こうなんて考えもしなかったので、まさにいつのまにか〜な感じです。

ブログは毎日続けることが一番大切だと思っていますが、記事が多いのもブログの強みになります。記事を増やすのには楽しみながらやることがポイントだと思います。それには「しないこと」を考えてみるのも良いかなと感じました。

 

関連記事 こちらもお読みください
飽き性の私がブログを1ヶ月続けられた5つの理由
プロ目線でどんどん進化 プロブロガー立花岳志さんのコンサルを受けてきた

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket