映画「新しい靴を買わなくちゃ」大人の女性が純粋に楽しめる恋愛映画

映画「新しい靴を買わなくちゃ」大人の女性が純粋に楽しめる恋愛映画

Post to Google Buzz
Pocket

 

やっと秋らしさを感じられるようになってきました。

秋になるとなんだか「映画」が観たくなるんですよね。

わたし、新しい映画よりも以前みた映画を何回も見てしまうタチです。

 

最近、Amazonプライムビデオで「新しい靴を買わなくちゃ」を観ました。

 

新しい靴を買わなくちゃ

これ、以前も見たので3回目なんですが、

今更ながら「オススメ!」です。

特に、ロングバケーション世代の女性たちには是非見て欲しい。

 

日本から来たカメラマン(向井理)と、

パリに住んでるライター(中山美穂)

がパリで偶然出会って、3日間を過ごすという物語で、

ある種のおとぎ話みたいなストーリーなんですね。

 

最近の恋愛映画って、

結構ドロドロしたものとか、超若者向けしかなくて、

大人の女性が純粋に楽しめる恋愛映画って

なかなかないな〜と思っている人にオススメです。

 

この映画って、

1度目よりも、2度目、3度目の方が楽しめるんですよ。

私の感覚だと、

1度目は、単純にストーリーそのまま、

2度目は、パリの景色や、インテリアや、衣装、音楽をじっくり見て感じて

3度目は、主人公の二人の絶妙な距離感を疑似体験する。

という、楽しみがありました。

 

最初は中山美穂さん演じる女性「あおいさん」の

向井くん演じる年下の「せんくん」に対する振る舞いに「イタイ感」があるんですが、

3度目くらいになると、そのイタイ感が、

返って「く〜〜〜〜!」ってなるわけなんですよ。

この感覚、

ロンバケ世代の女性にはたまらない感じだと思います。

あのベタ感がまた良いんですよね〜。

 

「もうね、恋愛映画はベタで良いのよ〜。

アラフォー女は安心して観たいんだから〜。

膵臓食べたいとかわけわからないのいらないのよ。」

(マツコデラックス口調で・・・)

 

Amazonプライムビデオなら「無料」で観られますので

入会されている方は是非観てくださいませ〜。

 

 

他にパリが舞台の映画では

ミッドナイトインパリ

間奏曲はパリで

 

あと、ニューヨークなら・・・

幸せのレシピ

 

イタリアが好きな方には・・・

冷静と情熱のあいだ

 

なんかはいかがでしょう?

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket