元ストーカーのホロスコープを読んでみた

元ストーカーのホロスコープを読んでみた

Post to Google Buzz
Pocket

 

 

こんにちは

カレンです。

先日スカパーで

ストーカー撲滅探偵さんたちが集まるという番組を見たんですけど、

その中に実際に元ストーカーだったという男性が出演されていたんですね。

 

スポンサーリンク

 

その方(以下Aさん)は、過去に6件のストーカー事件を起こして、

現在は更生しストーカー行為に悩む人たちの

相談カウンセリングを行なっているということでした。

ご本人も顔出し、ホームページもあって、生年月日も出ていたので

興味本位で申し訳ありませんが、勉強のためチャートを出して見ました。

 

ストーカーというのは占星術的には

「火星」の暴走だと私は思っているのですが、

Aさんのチャートは一見すると、

全然ストーカーぽいような配置ではなかったんですね。

むしろ火星の状態も悪くない。

 

ただAさんの場合「水星」がかなりしんどい状態でした。

この水星は射手座にあります。

射手座の水星はエネルギーが弱めです。

特に射手座は感性が鋭い性質なので、

なかなか言葉やコミュニケーションでは自分の伝えたいことが表現しづらいんですね。

そこに乙女座の天王星&冥王星と魚座の土星から

それぞれスクエア(90度)という厳しい角度が作られていました。

水星というのは年齢域だと8〜15歳くらいの思春期を表す天体です。

つまり、このAさんが思春期の時に、

かなり大きなプレッシャーを感じながら成長したというように読めます。

しかもこの水星のアスペクトはこれしかなく、エネルギーの逃げ場がありません。

 

そもそもAさんのストーカー行為というのは、

女性に対して執拗にメールを送ったりしていたことだったそうですが、

この思春期の時の発散されなかったエネルギーが

このような「伝えたい」という行為の暴走につながってしまったのではないか?

と私は読みました。

実際にAさんは幼少時代に家庭の環境に不和があり

母親からの愛情を求めて女性に投影したということを言っていました。

ただもともと火星の状態が悪くなかったことで

この程度で済んだのかもしれませんが、

もしこの水星に火星がコンジャンクションしてたり、

グランドクロスだったりしたら、殺傷事件になっていたかもしれません。

 

karen’s point

 

水星は年齢域で見ると人格を形成する上でとても大切な時期ですので、

その後の人生にも大いに影響が出てきてしまうんですね。

なのでアスペクトの要素まで読み解くというのは重要だと思いました。

Aさんは現在ストーカーに対しての根本的なケアを行うという「団体」を立ち上げられているとのことです。

山羊座に火星、月、金星が入っていることから、

健全なエネルギーに向けられているようで本当に良かったです。

 

ストーカーリカバリーサポート

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket