"月"を大切にしないといけない本当の理由

“月”を大切にしないといけない本当の理由

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんばんは

カレンです。

このブログではホロスコープ上の月について幾度となく書いていますが、

やはり「月」を大切にするべきだなと感じています。

なぜなら、月は「母親」を表すからなんですね。

 

スポンサーリンク

 

昨今、母親との関係で悩みを持っている方って

結構多かったりするんですよね。

男性の場合はマザコンなんていう風に昔から言われているので

ある意味わかりやすいのですが、

女性の場合は、母親との確執や共依存など

いわゆる毒親的な関係性が注目されているような気がします。

 

月は本来「無意識」なものですので、

なかなか自分では自覚しづらい面もあるのですが、

月がホロスコープでどういう状態なのか?を見ると

母親との関係が客観視できる感じですね。

 

たとえば

月が強いエネルギーの天体と

コンジャンクション(0度)、スクエア(90度)してたりすると、

母親が厳しかったり、依存、主従関係が強いことを表したりします。

 

もちろんそれは極端な例ですが、

なんとなく母親との関係がうまくいかない場合は

月がしんどい状態だったりするんですよね。

 

月を大切にしないといけない理由

 

月は蟹座の支配星です。

蟹座というのは4ハウスとリンクしていますので

月はすべての基盤とも言えます。

つまり「母親」=「基盤」ということに繋がってきます。

なので、母親との関係というのは

人生の基盤ともなりえますので

大切にしないといけないということなんですね。

 

月を大切にする方法

月=母親ですので

母親を大切にするのが一番ですが、

直接的ではなくとも自分の月の状態を把握して、

月を癒したりするのも効果的だと思います。

 

月が入っているハウスのことに取り組んだり、

アロマオイルを使ったり(カモミールがオススメ)

また太陽の目的意識を強化するなども良いと思います。

基盤は月だとしても、すべてをコントロールするのは自己意識です。

 

karen’s point

月というのは単純なようで実は多面的な天体なんですね。

女性の場合は特に結婚すると「妻としての自分」を表すことになりますので、

よーく把握しておいた方が良いです。

 

【月についてはこちらも】

原因はSUさんの不倫?リップスライム活動休止 ホロスコープをちょい読み

市川海老蔵さんのホロスコープを読んでみた。

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket