ベッキー騒動から続く「人は自分の勝手なイメージで人を裁くということについて」 その1

ベッキー騒動から続く「人は自分の勝手なイメージで人を裁くということについて」 その1

Post to Google Buzz
Pocket

 

どうもおはようございます。

カレンです。

東京は「はあ???」と言いたくなるほどの寒さのぶり返し。

わたしの場合、

一度頭が春になってしまうともうずっと暖かいものだろうと単純に判断してしまうので、

寒さにふるえてます。

どうぞご体調にお気をつけください。

 

スポンサーリンク

 

テレビを見ないので世間がどうなっているのか知らないのですが、

今年の初めから、

いろんな有名人の方がさまざまなスキャンダルを起こしていて、

世の中が賑やかですよね。

そんな有名人のスキャンダラスぽい出来事が起きて思ったのが、

「人は自分の勝手なイメージで人を裁く」ということ。

裁くっていうと大げさだけど、もっと軽くすると判断するって感じですかね。

今年初めのスキャンダルでトップバッターを切ったベッキーさんは

清純、清楚、元気、清廉潔白みたいなイメージを持っていた人も多いですよね。

そういうイメージで売りだしてたし、

本人もきっと自分はそういう人間だと思って生きていたかもしれません。

世間は勝手にベッキーさんのイメージをそういうものと決めちゃってました。

だからスキャンダラスな出来事とのギャップが大きいゆえに、

あんなに大騒ぎのネタになっちゃった。

 

これが例えば

叶恭子先生(あえてそう呼ばせていただきます)や、

アンジェリーナジョリーセレブみたいな女性だったら、

「なんだか納得」「うん、しょうがない」

みたいになってしまうような・・・。

イメージで人を判断するのって結構危うさがあるように思います。

イメージとのギャップが多いゆえに、そのダメージが大きかったですよね。

 

そもそも、

今回のスキャンダルは、

自分が勝手に相手に持っていたイメージ(思い込んでいたところ)の範囲外のことが起きて驚いているだけであって、

本人にしてみたら余計な御世話なのかもしれない。

もしくは、本人さえも自分をこういう人間だと決めつけていて

それとはまったく違う方向に行ってしまって一番自分がびっくり!!

なんてこともありそう。

 

 

と、ここまで書いてなんですが、

伝えたいことがまだまとまっていないので、少し保留します。

すみません。

その2でまとめますね。

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket