あれから5年 あの日の傷は癒そうとしなくていい。

あれから5年 あの日の傷は癒そうとしなくていい。

Post to Google Buzz
Pocket

 

今日は3月11日。

5年前に東日本大震災が起きた日です。

まだ行方不明の方もいらっしゃいます。

あの日のことはまだまだ鮮明に覚えています。

 

「あの日どこで何をしていたのか?」

あの日からの5年間に出会った人とは共有の思いを語ることができる特別な日です。

 

どこにいたとしても

あの日の私は何をしていたのか。

何を思ったのか。

という想いをすべての日本人が持っている。

そんな見えない想いが繋がっているようにも思えます。

 

私たちは毎日、

ひとり、ふたり、家族、学校、会社などミニマムな範囲を共有して生きています。

でも「あの日」は日本全体が「傷」を共有した日。

 

 

あの日、私たちは確実に傷つきました。

でも時間が経つと傷はなかったことになっていく。

風化なんて言われているけど、

本当に忘れられる人なんていないと思う。

だって私たちは傷ついたのだから。

 

まだまだ傷は消えない。

一生消えないかもしれない。

これからもその傷を刻み付けて生きて行く。

 

でもなぜか自分だけじゃないかもしれないという

強い絆を感じられる。

それはあの日の「傷」を誰もが持っているから。

 

傷はある。

でも自分だけじゃない。

それをわかっているだけでいい。

だからこそ希望を持って生きていくことができるのかもしれない。

 

傷はある。

でも癒そうとしなくていい。

それをわかっているだけでいい。

それが傷ついたこころの癒しになっていくのかもしれない。

 

今日はそれぞれの持つあの日の傷に気づいてあげる日。

そんな日だと私は思っています。

 

亡くなった多くの方のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket