"令和初"の新月は牡牛座で

“令和初”の新月は牡牛座で

Post to Google Buzz
Pocket

 

おはようございます。

カレンです。

5月5日未明、牡牛座エリアで新月になります。

 

以前「新月の願い事はTO DOリスト」とブログでも書いたんですけど、

新月のときには「意図すること」が大事なんですよね。

意図ってなんでしょう?

「自分がなりたいイメージに向かうためのプランニング」だと思うんです。

新月の願い事をするときには、

「月よ!私の願いを叶えたまえ!」という受け身の姿勢ではなくて、

自分が今後どうありたいか?

明確にする能動的な姿勢をもって取り組むと良いと思います。

 

今回新月が起こる牡牛座は、

自分の価値を最大限の武器にするサインです。

私の感覚、私の肉体、私の能力。

今回の新月ではその「すでに自分が持っているもの」に

焦点を当てるのに良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

さて、

今日現在のチャートを見ると、

10天体のうち

5つが地のエレメントに入っていて

火が3つ、風と水が1つずつ入っている状態です。

地のエレメント祭りっていうわけですね。

 

地のエレメントというのは、

「感覚」を大事にするため体感、実感を伴うことを重要視します。

よく地のエレメントは現実主義と言われますが

たしかに、他のエレメントよりリアリストな面もあるので

安定志向になりますよね。

 

けれども反面、自分の感覚に固執してしまうあまり、

なかなか変化を受け入れられなかったり、

「え?!まだいたの?」

とずっと同じ場所にとどまり続ける傾向もあります。

こうなると、人生が「地」の感覚で支配されてしまい、

夢をみたり、交流したり、情感の動きが失われてしまうことにもなりかねません。

 

地に固執しない

 

占星術では私たちの世界は

火、地、風、水と4つの元素でなりたっているとされています。

だから地の要素に凝り固まると、

他の火、風、水のエネルギーがうまく活性化できないのです。

つまり、地で止まってしまうと、次の風の要素、交流が生まれなくなる。

そんなイメージが持てると思います。

 

ちょうど今、風エレメントである双子座に火星がいますが、

これだけだと、ちょっと弱いですよね。

でも火のエレメントに水星、金星、木星という天体が入っているので、

パッと思いついた直感で行動を起こしたり、

子供の頃に描いたような理想や夢などのビジョンを描いて

「地」が固くなりすぎないように意識するのも大事です。

 

karen’s point

 

私は「地の安心」は実はとても脆いものでは無いか?と感じています。

形あるものいつか崩れる。

だから形あるものばかりにこだわっていると

それがなくなったときに

地のエレメントを維持していた

「自己価値」さえも失われてしまうことになるかもしれません。

全体的にバランスよくエレメントを意識すること。

これを覚えておくと良いかと思います。

 

*****************

【5月のお知らせ】

⭐️26(日)  ホロスコープ対面セッション←new!
⭐️31(金)  ホロスコープ対面セッション残1枠

お申し込みはこちら➡️対面セッションお申し込み

⭐️オンラインセッションモニター絶賛大受付中!!

くわしくは➡️オンラインセッションモニター募集

*****************

 

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket