土星が通過するときの体感

土星が通過するときの体感

Post to Google Buzz
Pocket

スポンサーリンク

 

土星に続いて太陽が山羊座にイングレスで、

いよいよ本格的に山羊座シーズンが到来です。

このブログでも山羊座&土星関連の記事にアクセスが集中していたので、

気にしている方が多いのがわかります。

 

とはいっても、占星術を深く知らない人には

「土星が通り過ぎるときには辛いことが起きる」

くらいに捉えている人もいるかもしれませんね。

 

実際、土星が通過していくってどんな感じなのか?

って気になりますよね〜。

でもこのブログを読んでくださっている方は、土星通過を体感しているはずです。

 

さて、そもそも、「土星が通過するとはなんだ?」ですが、

自分の生まれたときのホロスコープで、

自分の天体(N)に現在運行中(T)の土星が近づき重なり、過ぎ去っていくこと。

占星術では、特に自分のN太陽とN土星に、T土星が絡んでくる時が重要と言われています。

 

なので、今土星は山羊座にいますが、

その前は射手座、その前は蠍座、その前は天秤座と・・・

ひとつの星座に2年半ほど滞在し徐々に移動しながらやっと山羊座に到着したわけです。

ということを踏まえると

自分の太陽がいる星座に土星が通過していた時期がわかりますよね。

射手座さんならここ2〜3年、蠍座さんなら、3〜5年前、天秤座さんなら5〜7年まえの

自分の状態を思い出してみると、

あ〜あのころが土星が通過していたんだなとわかります。

ただ、星座エリアは30度ありますので、

たとえば、同じ山羊座さんでも

射手座が終わったばかりの初期度数の人と

水瓶座に近い終わり度数の人とでは、

土星の影響がでるまで2年ほどタイムラグがあるのでご注意!

 

例のごとく私の場合ですが、

私は、太陽星座が射手座なのでまさに土星先生が通過したばかりのホヤホヤです。

 

体感でいうと、

住む場所が安定したり、

手に職を持つために日々努力を促されたり、でしたね。

地のエレメントがゼロなので、この土星先生が通過するっていうのは

私にとっては、「安定しなさい」という忠告をもらったようが感じです。

 

時期的には、

私の太陽は射手座の中間度数なので

土星の影響を感じ始めたのは、2016年の後半くらいからでした。

2017年は土星先生の”恩恵”をばっちり受けた1年で、

楽しくもなかったですが(涙)

でも、

辛くもなかったです(笑)

 

むしろ今まで味わったことのないような「安定感」を感じながら

日々「成長する」という射手座土星らしい期間を過ごせがような気がします。

射手座な土星校長で「自由」な校風?だったから

息苦しさもあまり感じなかったのかもしれません。

 

というように・・・

土星というのはその人それぞれのテーマに沿った「課題」を与えてくるように思えます。

土星は強制ではないので、その課題を受けるか、受けないかは自分次第ですが

ただ、土星のホームは山羊座なので、

太陽&土星山羊座さんにとってはスパルタな課題をもってくるかもしれません。

でもそれを受け取れば確実に大きな変貌を遂げることができるように思えますよ。

山羊座土星時代は、社会的にもシビアになると言われていますが、

「真面目にコツコツ」やってれば、

むしろ土星先生の恩恵を受けることお墨付き!なような気がします。

 

【こちらもどうぞ↓】

2017年末から始まる「山羊座土星時代」を生きぬくには

2018年からの山羊座土星時代に影響がある星座

土星山羊座時代突入!大人の階段を昇る2年がスタート!

山羊座は試されている〜太陽山羊座イングレス〜

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket