ホロスコープを活用する流れ

ホロスコープを活用する流れ

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

カレンです。

昨日から対面セッションが始まりました。

すでに数名様終えましたが、

実際にお会いしていろいろとお話を聞きながら鑑定をするというのは

とても有意義なものだと感じました。

メール鑑定は、それはそれで良いことだと思いますが、

なかなかご依頼者さんと私のニュアンスの違いで核心に届くまで至らないこともあります。

でも対面の場合はそれを解消しながら進めていけますので

やはり中身が濃いものになると思いました。

またみなさん本当に律儀な方達で、

私のブログの読者様の品の良さを改めて感じ大変ありがたく思いました。

 

スポンサーリンク

 

さて、

このブログでもホロスコープの読み方を書いていますが、

でもホロスコープって実際にどう活用していくのか?

ってよくわかりませんよね。

 

まず第一に

自分の素質を把握すること

これが何より大事ですね。

自分の素質や性格、

どういうことが向いていてどういう方向に進んでいくのか?

ということがざっくりわかっていると

行動も変わってきますし、精神面でも安定することが多くなると思います。

 

第二に

トランジット(現在運行中)で外側からの影響を知る

少しチャートが読めるようになったら

今度はトランジットの天体が自分にどう影響してくるのか?

というのを把握します。

時期が読めるようになってくると気をつけた方が良い時や、

タイミングもつかめます。

 

第三に

プログレス(進行法)の月と太陽で自分の内面の移り変わりを知る

これは個人によって変わってくる事象なので

頑張れない時に無理をしないとか、

今が踏ん張りどきとかそういうのを把握しておくのです。

 

ある程度年齢を重ねた方は、

過去の事象を振り返ってみても良いです。

人間関係のパターンや、

あの時の出来事は何の影響だったのか。など

そういうので振り返るというのも大切ですね。

 

こんな風にホロスコープは生かすことができるんですね。

上記の1〜3を私の対面セッションでは行なっています。

自分でやっても限界が・・・という方は

セッションでいろいろと掘り下げながらやることで

今度は自分でも読めるようになってくると思います。

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket