インナーチャイルドと月

インナーチャイルドと月

Post to Google Buzz
Pocket

 

こんにちは

カレンです。

今日は春分の日。

占星術的には太陽が牡羊座にイングレスする日。

なので今日から新しい年が始まる日でもあるんですね。

巷では「宇宙元旦で運気アップ!」なんて騒がれているようです。

 

スポンサーリンク

 

さて、先日「児童虐待防止法改正案」が

閣議決定されたというニュースがありました。

こちら

これはあくまで「法」で取り締まれるだけの話で

実際に虐待を防げるかどうかはまた別問題でもあると思うんですが、

ここ1年だけでも親が小さな子供を虐待して

死なせてしまったという事件が次々と起きているので

一刻も早い施行を願うばかりです。

 

本やネットで実際に子供が亡くなってしまった

虐待事件について書かれたものを読んでみると

一言、「想像を絶する」状況です。

タイムマシンがあったら現場に乗り込んでいって

子供たちを助け出したくなるくらい

親からひどい扱いを受けていてショックを受けました。

 

ただ、私はその原因になっている「親たち」が

すでに虐待の「負の連鎖」の一員として巻き込まれている場合

あるのではと思いました。

 

それは「親たち」自身が虐待されていたという経験があったり、

子供の頃の環境が適切ではなかったり、

または本人が適応できていなかったりということもあって、

虐待の種がまかれてしまっていた可能性もあるのでは?と考えたのです。

 

もちろん、みんながみんなそうなるとは言いません。

自分が辛い思いをしたから自分は絶対に子供を大切にする

という人たちの方がむしろ多いでしょう。

ただ、実際に虐待をしてしまう親の中には、

子供時代に受けた「傷」が癒されず、

子供のまま親になってしまったケースが多いのも

現実問題としてあると思うんですね。

 

占星術的には

 

さて、この問題を占星術的に考えると、「月」がキーワードとなると思います。

月は幼少期の環境や心の奥で求めるものなどを示すわけですが、

この月の状態が、他の天体からキツめのアスペクトを形成していたり、

また居心地が悪かったりすると「傷」がつきやすくなります。

 

本来「月」は安心することが最大の欲求なので、

その傷が癒されることなく、

安心を感じることがないまま大人になってしまったら・・・

常に「不安」を持ち続けて生きることになりかねません。

いつも何かしらに怯えて、それを補うため無理くり自分を正当化して

「安心」を求めようとすることもあると思います。

 

インナーチャイルドと月

 

インナーチャイルドとは「内なる子供」という意味ですが、

子供の頃に受けた影響によって作られた自分の中の感情の核となるところです。

 

占星術的には「月」がこのインナーチャイルドに当てはまると思います。

このインナーチャイルドは、

大人になってからも私たちに影響を及ぼしてきます。

 

自分の中のインナーチャイルド(月)が傷ついたまま大人になってしまった場合、

無作為に安心を求めようとしてしまったり、

思う通りにいかずに自暴自棄になってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

決めつけてしまうのはいけないことを承知の上で書きますが、

虐待をしてしまう親たちの行動は

このインナーチャイルド」

つまり「月」が傷つきすぎてコントロールが

効かない状態になってしまったがゆえの行為なのかもしれません。

 

月は幼少期の環境を表すとすでに書きました。

小さい頃、

親が必要以上に厳しかったり、過干渉してきたり、

または親の不在、無関心、兄弟との関係、地域との関わりなど

様々な要因で、月は影響を受けていきます。

また一般的に考えて親が親として必要と思ってやっていることでも

もともとの「月」の状態が脆いと、

いとも簡単に傷ついてしまう可能性もあると思います。

 

この月が癒されなかったり、

本当に求める安心を得られないまま大人になると

「苦しい」「生きづらい」という葛藤も起こりやすいのです。

多くの加害親たちの葛藤が少しでも解消されていれば、

虐待の芽をつむことができたのではないか?と思えてなりません。

 

karen’s point

私はホロスコープを読み解みとき「月」を理解することによって

インナーチャイルドが本当に求める「安心」を得ることが可能なのではないか?

と考えています。

一人一人が求める安心は千差万別です。

それが環境などによって得られないとやはり苦しくなるのです。

ホロスコープには顕在意識だけではわからない自分の本質が描かれています。

それを理解することで、

「インナーチャイルドの傷が癒される」のではないかと考えます。

そしてそれこそが本当の意味で「占星術」を活かす意味があると思うのです。

 

だから冒頭で書いた「宇宙元旦で運気アップ!」などは

まったく興味がないのです。(おめでたいな〜とは思いますが)

 

大人がそれぞれの安心を得ることは、

子供達の安心を守ることなのだと思います。

一人一人が自分を理解し自分らしく生きていくこと

少しでも次の世代への負の連鎖が断ち切れるようになれば良いなと考えています。

 

【お知らせ】

4月のホロスコープ鑑定対面セッションは

4月6日(土) 19日(金) 20日(土)です。

くわしくはこちら→ホロスコープ対面セッションin東京 お知らせ

 

スポンサーリンク

Post to Google Buzz
Pocket